HOME > レッスンブログ > ダンスのオリンピック化は有りかなしか!

レッスンブログ

< 発表会の衣装には◯◯円かかります。  |  一覧へ戻る  |  ブレイキンのオリンピックは男女別か >

ダンスのオリンピック化は有りかなしか!

一つ前のブログでは発表会の衣装代について話しました。

今回はダンスのオリンピックについてです。



現在ダンスのオリンピックはない、、、かというと、

あります!


正式にはユースオリンピックという、

15才〜18才までのオリンピックで、

さらにはブレイクダンスとなります。



あ、子どもか、と思いきや、

とうとう2024年のパリオリンピックで、

正式種目としてブレイクダンスが決定しています。



とうとうダンスがオリンピック化したということです。


ただこれは議論が出ているのは間違いないでしょう。


僕としてはダンスのオリンピック化はなしです。




僕が思う議論点は以下です。


・男女の区分はどうするのか。

・パラリンピックはどうするのか。

・スキル重視になって、スキル意外で戦っているブレイカーはどうなっていくのか。

・ブレイクダンスはスポーツと呼ばれるのか。

・他のジャンルへのオリンピック化などの影響は。



もちろんこのあたりは考え抜いて抜いて抜かれてのオリンピック化だとは思いますが、

オリンピック委員会の人たちの考えている理論全てが

一般の僕たちに伝わっているわけではありません。


ひとまずダンスのオリンピックについて自ら考えた上で、

情報が入ったら共有していきたいと思います。



次のブログはこのオリンピック化について

もう少し深堀していこうと思います。

< 発表会の衣装には◯◯円かかります。  |  一覧へ戻る  |  ブレイキンのオリンピックは男女別か >

このページのトップへ