HOME > レッスンブログ > アーカイブ > 2021年1月

レッスンブログ 2021年1月

ブレイキンのオリンピックは男女別か

今回のテーマは

「ブレイキンのオリンピックは男女別か」です。

ちなみにこのブレイクダンスですが、

呼び方がいくつかあります。

・ブレイクダンス
・ブレイキン
・ブレイク

全部ブレイクダンスだと思ってください。

その中で、ダンスの種類のようなものがあります。

大きく分けて2つです。

・パワームーヴ
・スタイル



「パワームーヴ」はいわゆるくるくる回るやつです。

今はたくさんの技が出てきてて、難易度もそれぞれあって、

故に得点化しやすいという判断でオリンピック競技になったんだと思います。



「スタイル」は床での足技がメインです。




ちなみに僕が左手首を骨折するまでブレイクをしていたんですが、

スタイルがメインでした。


しかし今はパワームーヴもスタイルも両方できないと勝ち上がれないような

スキル時代となっています。



そこでやはり見えてくるのが男女のスキルの差です。



実は通常ブレイクダンスの大会→バトルは、

男女共同です。

同じ場で戦います。


男性対女性は普通にあります。


ただし、やはり男性の方がパワームーヴはレベルが高いです。

得点にするとしたら、

やはりパワームーヴの方が高得点となるでしょう。


今は女性もパワームーヴをどんどんマスターしていってる時代ですが、

男性はまたその先を行きます。


そこで女性が武器にして戦っているのが

「ダンス」といっていいでしょう。

女性はスタイルをメインに動きますが、

ブレイクバトルで女性が男性のパワームーヴに勝つために

スタイルのオリジナル性を磨いて披露します。

スタイルは点数化できる技の部分もありますが、

果たしてダンス性というものは点数化できるんでしょうか。



もしパワームーヴの得点、スタイルでも技の得点で競うようになれば、

女性のダンス性というものが軽視されてしまう可能性があります。



ダンスで戦っているから男性も女性も同じ土俵で

戦うことができているのが

今のダンスシーンだと思います。



となると、オリンピック化でどんどん点数化していく

ブレイクの世界においては、

もしかしたら男女が別れて戦うという方式に

変わっていくということもありえます。



ブレイクダンスのオリンピック化は

いろんな点で革命といえます。

しかし、

今までのやり方、評価の仕方をしっかり捉えた上で、

吟味して、

新しいやり方を模索してほしいと思います。



結論、ブレイクダンスは男女別となるのが合理的ではあるが、

ダンサーとしては違和感がある

というところです。



実際のパリオリンピックでは

どのように闘うんでしょうか。

非常に興味深いです。

ダンスのオリンピック化は有りかなしか!

一つ前のブログでは発表会の衣装代について話しました。

今回はダンスのオリンピックについてです。



現在ダンスのオリンピックはない、、、かというと、

あります!


正式にはユースオリンピックという、

15才〜18才までのオリンピックで、

さらにはブレイクダンスとなります。



あ、子どもか、と思いきや、

とうとう2024年のパリオリンピックで、

正式種目としてブレイクダンスが決定しています。



とうとうダンスがオリンピック化したということです。


ただこれは議論が出ているのは間違いないでしょう。


僕としてはダンスのオリンピック化はなしです。




僕が思う議論点は以下です。


・男女の区分はどうするのか。

・パラリンピックはどうするのか。

・スキル重視になって、スキル意外で戦っているブレイカーはどうなっていくのか。

・ブレイクダンスはスポーツと呼ばれるのか。

・他のジャンルへのオリンピック化などの影響は。



もちろんこのあたりは考え抜いて抜いて抜かれてのオリンピック化だとは思いますが、

オリンピック委員会の人たちの考えている理論全てが

一般の僕たちに伝わっているわけではありません。


ひとまずダンスのオリンピックについて自ら考えた上で、

情報が入ったら共有していきたいと思います。



次のブログはこのオリンピック化について

もう少し深堀していこうと思います。

発表会の衣装には◯◯円かかります。

ダンスの発表会をするとなると、

衣装が必要になってきます。


ダンスにはお金がかからないという考えの人が
少なからずいますが、

ダンスは発表のある習い事という位置付けが定着してきて、

発表会には出演料と衣装代がかかります。



では衣装代はどれくらいかかるのか。


当然それはダンスの先生によって、
また、作品の感じによって、
先生だけでなく生徒のダンス、発表会の作品への
力の入れようによって変わってきます。


では実際は。

ダンスは全身の衣装が必要となるため、

帽子、上の服、ズボン、靴と考える必要があります。

今まではお祭りに出るくらいの小さなイベントに出るくらいであれば

Tシャツだけみんなで揃えるということをやってきました。

TシャツはオリジナルTシャツを作ってみんなで購入すれば

1600円といったところです。


しかし発表会となるともっとしっかりしたものが必要になるでしょう。


上の服がスウェットになると3000円以上するでしょうし、

ズボンも3000円くらいと考えておいた方がいいです。

帽子も2000円くらい。

靴は発表会によっては自分のものでいいということが多いです。

が、揃えましょうということも出てきます。

となると6000円くらいでしょうか。



衣装代は自腹です。

先生は買う側の気持ちになって

あまり高くないものであったり、

揃えるものを少なくして、

負担を減らそうとしてしまいます。


ただし先生が気を使えば使うほど、

年に1回ほどしかない発表会の見栄えの質が落ちてしまいます。



発表会の衣装は1万円ほどはかかるものだと考えておいた方が

衣装を決める先生も気が楽ですし、

生徒さん(親御さん)も出費の心構えをしておくことができるでしょう。

発表会をするのに必要なこと。

去年立てた目標が2つありました。

1つはスタジオを移転する!

これは大きな内容だったにも関わらず、

コロナの影響でかなりの難題があったにも関わらず、

なんとか実現することができました。


もう一つは、発表会をする。

これはやはりコロナの影響が100%でしょう。

発表会を実現させることはできませんでした。


発表会に必要なことの中で、

生徒の人数とスキルです。


お金をとって人前で発表するのがダンスの発表会になります。

そして考えているのは大きめのホールを借りて
がっつりやりたい!

通常2時間ほどある発表会公演は、少ない人数では支えきれません。

さらに、レッスンはほとんどが週1のクラスで、

週1のレッスンだけでは

スキルをスピード感を持ってあげることは難しい。


つまり良い作品を人前に披露しようと思うと

長くスタジオに通っている人が必要となります。


そしてコロナで生徒の人数が減ったことは

これからスキルが伸びるはずであった子たちが

幾人かいなくなったということで、

新しくダンスを始める子にいきなり発表会に出ましょうといっても

スキルをあげきれない。

人数も少ない。

去年は生徒と世の中を見ながら、

発表会は断念しました。


しかし、やはり今年は発表会をやりたいと考えています。

考えていることがいくつかあります。

1つは時期について。

コロナが減っているであろう時期。

もう一つは生徒の人数。

新しい生徒さんが増えてくれるように

宣伝に力を入れていきたい。

そして生徒のダンススキル。

やはり週に1回のレッスンだけでは

スピード感のある成長は難しい。

必要なのはレッスンの数を増やせれる制度、

そして家でもダンスに触れる頻度を増やすための施策。




とりあえず今年の目標を発表会に絞って

考えたことを実行していきたいと思います。

コロナ緊急事態宣言 どう捉えるか

緊急事態宣言について

正直出した方がいいとも考えます。

ただし確実に企業にとっては痛手です。

飲食、観光だけでなく、

ダンススタジオも同じです。

生徒さんあってのスタジオ。

緊急事態宣言が全国に出されることになった場合、

前回は本当につらい経験をしました。

行政がなにか補填をしてくれなければ

つぶれてしまう企業、店はいっきに増えるだろうし、

ダンススタジオも例外ではありません。

生徒さんがスタジオに来ない時期、

それはスタジオの収入がない時期ということになります。

他の企業やお店と同じく、支払いをしないといけないもの

例えば家賃など、

必ず危機を体験することになります。


ただ冬になればコロナが増えるだろうことは

予想していなかったわけではもちろんありません。

また、まったく対応を考えていなかったわけでもありません。


実際にはスタジオに来る生徒は減るかもしれませんが、

どう対応するかというと、

前回しっくりこなかった動画でのダンスについて

思考をめぐらせてきました。


動画には音が遅れてくるなど、

デメリットがかなりありますが、

全てが完璧でないと行動できないというようであれば

変化にはついていけません。


これまで考えてきた動画に対する考えを

行動に移す時

これがきたのかもしれません。


ダンスシーンを作っていくこと

守ること

進化させること

これが求められているように思います。

Satoshiクラス

K-POPに引き続き、

新しくインストラクターが増えます。

水曜日
19:30~20:45
HIPHOP中級クラス
引き継いで

新しく「Satoshi HIPHOP」クラス
となります。

がっつり基礎からHIPHOPがしたいダンサーにおすすめです!

2021年もどんどんダンススタジオLatteが盛り上がっていくのは

間違いない!

HIPHOPがしたいダンサーはぜひSatoshiのクラスを
受けてみてください。

K-POPクラスができます!

2021年1月から

金曜日19:00~20:15 K-POPクラス開始します。

K-POPが踊りたいという要望がとても強く、

ようやくできたというクラスです。

このクラスはダンスが上手になるというよりは、

とにかくK-POPが踊りたいという人が集まって、

みんなでK-POPを踊ろうというクラスです。

K-POP好きはぜひ来てください。

1ヶ月に1つの曲をやっていきますので、

ある程度じっくりできるかと思います。


毎週日曜日に行っていたK-POPサークルは

去年12月で最後となりましたので ご容赦ください。

レッスンで行う曲はインストラクター陣が決めます。

楽しみにしていてください。


また1月はK-POPクラススタート期間として、

1月のK-POPクラスにかかるお月謝は無料です。

この機会にぜひお早めにレッスンにお越しください。

1

« 2020年9月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ